結婚資金は200万あれば大丈夫?

趣味でお金を使う
 >   >  結婚資金っていくら必要なの?費用200万円?

結婚資金っていくら必要なの?費用200万円?

結婚資金と一口に言っても、その内訳は様々です。
挙式や披露宴にかかる費用の他にも、
衣装、引き出物なども用意しなければなりませんし、新居を構える場合には、
敷金や礼金、引越し代、家財の購入なども必要になります。

これらの費用がトータルでいくらぐらいになるかというのは結婚式の規模や
新居にかかる費用によって大きな開きがありますが、結婚式だけでも
100万円単位の支出は必要ですし、引越しや家財の購入でも
やはり同じくらい必要になるでしょう。
また、新婚旅行をする場合には、ある程度まとまった期間の
旅行になることがほとんどですので、国内、海外のどちらであっても
数十万円程度は最低でも必要になります。

参考までにゼクシーの「結婚のお金 結婚式費用の相場」で
結婚式の相場が掲載されています。
結婚式の費用は招待人数が73人で平均で354.9万円のようです。

結婚式の費用は余裕をもって200万円くらいは必要

ビックリする金額なのですが、良く考えてみてください。御祝儀があるんです。
招待人数が73人なので73×御祝儀3万円=219万円
219万円くらいは御祝儀で戻ってきます。また親族や家族からは少し大く
もらうはずなので、実際には219万円を超えるかもしれません。
なので、354万円-219万円で135万円必要となります。

135万円必要なのですが、この金額は結婚式の費用になります。
先ほど少し言いましたが、結婚すると引越しや、家財道具、新婚旅行などで
もうすこしお金が必要になります。余裕を持って考えると結婚式の費用と合わせて
200万円くらいあれば問題なく結婚式ができるかと思います。

結婚式の費用ってどうしてるの?

こういった結婚資金は、以前は男性が全額負担することもありましたが、
近年の女性も働いている状況では、いくらかの割合を決めて
お互いに出し合っているケースがほとんどです。

また、結婚が決まったら、資金を事前に貯めるようにするカップルも
増えてきており、計画的になっています。
とはいえ、やはり貯蓄だけで全てまかなえないケースもありますので、
そういった場合には使途が自由なキャッシングを使うという人もいます。

結婚式前に計画的に貯める場合

結婚式を見据えて計画的に貯める場合は200万円を目安に貯めれば良いので、
二人で貯めればそれほど難しいくないはずですが、
結婚式が早まったりなどする場合もあるので
その場合は足りない分をキャッシングで補填するのも方法の一つです。

結婚式の費用を貯めていない場合のキャッシング

結婚式の費用を貯めていない場合は200万円ほど
キャッシングする必要があります。
200万円をキャッシングを利用して借りる場合は
200万円借入したい】も合わせてお読みください。

キャッシングは、業者によってはある程度まとまった金額を
借りることができますし、申込んでから融資までのスピードが早いため、
急に現金が必要になったときでも
間に合わせることができますので便利です。
また、最低限の支払額が低く、返済がしやすいです。

Copyright 趣味でお金を使う. ALLRIGHTS RESERVED.